八田犬猫クリニック/春日井市

春日井市の動物病院『八田犬猫クリニック』は、整形外科に力を入れています。

春日井市の動物病院『八田犬猫クリニック』

猫の尿路閉塞

[2015年02月10日]

昨日・今日と雪がちらついていますsnow.gif

暖冬と言われていますが、やはり冬は寒いcloud.gif

雪を見るとワクワクしてしまうあたり、自分もまだまだ若いのかなと思っていますdash.gif

さて、今日は冬になると増える病気についてですhospital.gif

当院でも最近頻繁に見ます。

猫の尿道閉塞ですsweat01.gif

読んで字の如く、おしっこの道がつまってしまう病気です。

皆さんもおしっこを我慢した経験があるのではないでしょうかbearing.gif

この病気になると、我慢しているのではないのに、出したくても出せない状態に・・・

考えただけでお腹が痛くなりますwobbly.gif

尿道閉塞の原因は、まれに尿道の狭窄や腫瘍もありますが、

ほとんどが尿石や膀胱内の汚れです。

そして、尿道の形態上の特徴から雄猫に多く見られます。

飼い主さんがこの病気を見つけるポイントは、

頻繁にトイレに行くけど、おしっこの塊がない・・・というところですtoilet.gif

まさに、出そうとしても出せない。そんな状態です。

こうなったらすぐに病院に行ってくださいsoon.gif

おしっこには身体で出た老廃物が多く含まれています。

その老廃物を身体の外に出せないということは、

身体の中にどんどん溜まっていき、衰弱してしまいますdown.gif

また、膀胱が膨らむにも限界があります。溜まりすぎると破裂の危険性も・・・

本当に恐ろしいですcrying.gif

治療は、単純です。ツマリをとる!!

単純ですが、尿道にかかる負担は大きく、何度も行うことによって

尿道の狭窄を起こしてしまいます。

早期に閉塞が解除できれば予後は良好ですup.gif

しかし、尿路閉塞は再発することも多いため、原因となった病気の治療が重要です。

再発を繰り返した場合、手術をしなければおしっこが出せない状態になる事もあります。

ツマリの元の原因となるのは、特発性膀胱炎、尿石症、尿路感染などなど。

どれも飼育環境やストレス、食餌など複数の因子が関与していると言われています。

この中で改善しやすいのは食餌です。

ペットフードは安かろう悪かろうの世界だと聞いたことがあります。

この病気も安価なフードを食べている猫ちゃんに多くみられる印象を受けます。

適正な価格のフードを選ぶことにより予防ができる可能性があります。

一度フードを見直してみるのもいいかもしれませんsign03.gif

以上、猫の尿道閉塞についてでした。

今回も写真がなくて字ばかり・・・

次回は写真を使いますね。

 


リンク集


ペット保険・動物保険はアイペット
手頃な保険料の手術のペット保険「うちの子ライト」